お役立ち情報

豚の部位

豚の部位

タン

豚の舌。精肉ではなく内臓肉。
歯ごたえが良く、根元に行くほど脂がのっている。
臭みが少なく旨みが強い。

おすすめ料理
焼肉

肩の背側の部位。よく動く部位なので筋肉質で肉質はかため。
脂肪分はあるため、しっかりとしたうまみ。
挽肉や煮込み料理などに使われる。

おすすめ料理
シチュー・スープ

ウデ

前足付近の部位。肩と同じくよく動かす部位なので筋肉質で肉質はかため。味が濃いのが特徴。繊維が入り組んでいるため、切り落としやこま肉にされることが多い。

おすすめ料理
野菜炒め・豚汁

肩ロース

ロースと肩にはさまれた背側の部位。
脂と赤身の間に筋があり肉質はやや硬いがコクがあり濃厚な味。
煮ても焼いても良い上級肉。

おすすめ料理
焼肉・生姜焼き

ロース

肩の後ろから腰付近までの背中の中央部分の部位。
きめが細かくほどよく脂がのっておりやわらかい。赤身と脂身のバランスが良い。

おすすめ料理
とんかつ・しゃぶしゃぶ

ヒレ

ロースの内側に1本ずつ付いており、1頭から1kg程度しかとれない希少部位。
脂肪が少なくキメも細かい。
豚肉の中で最もやわらかい。

おすすめ料理
とんかつ

バラ

ロースの下側、胴体のあばら骨についている部位。脂身と赤身が交互に3層になっているため「3枚肉」とも呼ばれる。もっとも脂肪が多く、濃厚な味わいが特徴。骨付きのものは「スペアリブ」と呼ばれる。

おすすめ料理
角煮・焼肉・ベーコン

外モモ・内モモ

お尻に近い部位。脂身が少なく赤身中心の為、あっさりとした味わい。外モモはやわらかく風味がいい。内モモはきめが細かく肉色が淡い。

おすすめ料理
外モモ:シチュー・豚汁
内モモ:ローストポーク・チャーシュー

その他の部位

豚トロ:首付近の肉。脂身が多くコリコリとした食感。

カシラ:ホホ肉。赤身肉で旨みが強い。

ハツ(心臓):臭みが少なく、シャキシャキとした食感が特徴。

ショウチョウ(小腸):一般的に「モツ」とされる部位。歯ごたえがあるが煮込むとやわらかく食せる。

ダイチョウ(大腸):ショウチョウと同じく一般的に「モツ」とされる部位。ショウチョウよりもやや太くコシのある歯ごたえが特徴的。

ハラミ(横隔膜):脂は少なめで、精肉のように食べられる。

ガツ(胃):くせがなくコリコリとした食感。身が厚い為、噛んでいるうちに味が増してくる。

レバー(肝臓):濃厚で独特の味わい。栄養価が豊富。

テッポウ(直腸):弾力が強く、噛みごたえがある。

豚足:肉の部分は少ないが、コラーゲンを多く含んでおり加熱するとゼラチン質になる。

※当社でも各種部位について取り扱っております。詳細につきましてはお問い合わせフォームよりお寄せください。

牛の部位

牛の部位

タン

牛の舌のこと。精肉ではなく内臓肉。
付け根(舌モト)にはサシがはいっており、先端にいくほど歯ごたえが増す。

おすすめ料理
スライス:焼肉
ブロック:煮込み料理

ネック

首付近の部位。
脂肪分が少なく固めだが、うまみ成分が豊富。
挽肉や煮込み料理に適している。

おすすめ料理
煮込み料理・シチュー

肩ロース

頭部に近いロースの部位。
霜降り(サシ)が程よく分散している。
きめが細かく旨みが濃い。

おすすめ料理
すき焼き・焼肉

肩肉

肩ロースを覆うように位置している部位。良く動かす部位なので、筋肉質で肉質は固め。脂肪分が少ない部分と多い部分があり、様々な用途で利用できる。

おすすめ料理
煮込み料理・焼肉

肩バラ

前足の付け根部分(胸付近)にある部位。赤身と脂肪が層になっている。肉質はやや硬くキメが粗めのため煮込み料理に適している。
別名「ブリスケ」

おすすめ料理
煮込み料理・シチュー

スネ

よく運動している部位で、筋が多く固いが長時間煮込むとやわらかくなる。
煮込む料理に最適。

おすすめ料理
煮込み料理・ポトフ

リブロース

肋骨(リブ)の背中の方の部位。
牛肉の部位の中で一番厚く、霜降り(サシ)が入りやすい。
肉質もキメ細やかでやわらかい。

おすすめ料理
ステーキ・すき焼き・しゃぶしゃぶ

サーロイン

背中のリブロースからモモに続く部分の部位。リブロースと同様に霜降り(サシ)が入りやすく、肉質が良い。英国王が肉のあまりのおいしさに「サー(sir)」の称号を贈ったことに腰肉という意味の「ロイン(loin)」が合わさったことが名前の由来といわれる。

おすすめ料理
ステーキ・すき焼き・ローストビーフ
内モモ:ローストポーク・チャーシュー

ヒレ

肋骨の内側に位置しており、1頭から3%程度しか取れない希少な部位。ほとんど使われない筋肉のため脂肪が少なくキメ細やかで最もやわらかい。
中心部分は「シャトーブリアン」と呼ばれ、更に希少価値が上がる。
ちなみにフランス料理で使われる「フィレ」はフランス語で「やわらかい」という意味。

おすすめ料理
ステーキ・カツレツ

シンタマ

内モモの下に位置し外モモとの間にある部位。丸い形状のため「芯玉(シンタマ)」と呼ばれている。適度に霜降り(サシ)が入りキメ細やかな肉質。様々な用途に適している。

おすすめ料理
ローストビーフ・ステーキ・シチュー

ランプ

サーロインに続くお尻の部位で、モモの中でも特にやわらかく風味豊かな赤身肉。
肉質が良く肉汁が豊富なため、色々な料理で使用される。

おすすめ料理
ステーキ・ローストビーフ・ユッケ

内モモ・外モモ

後ろ足の付け根に位置する部位。内モモは牛肉の中で最も脂肪が少ないがやわらかく均一な肉質のため、塊で使うことが多い。外モモは内モモに比べ少し硬く、引き締まった肉質。

おすすめ料理
内モモ:ステーキ・ローストビーフ
外モモ:煮込み料理・炒めもの

その他の部位

カシラ:ホホ肉。よく動かす筋肉のため固いが旨みが強い

レバー(肝臓):栄養が豊富で濃厚な味わい。以前は生食もできたが現在は法律で禁止されている

ハツ(心臓):脂が少なくコリコリとした食感。

ハラミ(横隔膜):脂がのっており精肉に近い。精肉と間違われやすいが内臓肉として取り扱われる。

ミノ(第1胃):弾力のある食感が特徴。

ハチノス(第2胃):名前のとおり見た目が蜂の巣に似ている。弾力が強くコラーゲン豊富。

センマイ(第3胃):脂が少なく、コリコリとした食感。鉄分が豊富で黒っぽい見た目。

ギアラ(第4胃):他の胃に比べ表面がなめらかで薄く、やわらかい食感。

マルチョウ(小腸):やわらかく脂がのっている。一般的に「モツ」はこの部位が使用される。

シマチョウ(大腸):適度な脂と歯ごたえが特徴。マルチョウと同じく一般的に「モツ」はこの部位が使用されることが多い。

テール(尾):コラーゲン豊富で、煮込むとやわらかく食せる。スープやカレーなどによく用いられる。